一戸建ての購入は不動産コンサルタントに相談するのがおすすめ!ここでは横浜の不動産コンサル会社を比較ランキングで紹介しています。

住宅購入資金はどのくらい必要?知っておきたい必要な費用とは?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/08

一口に横浜の不動産といってもピンからキリまで、横浜エリアは人気も高く、県内の他の地域と比べると土地価格は高めですから住宅の購入も遠のくイメージを持つ人も多いようです。しかし、購入できるか否かは購入資金の金額に関わることを把握しておけば購入のチャンスも広がります。

不動産の相場を把握しておくことが大切

横浜エリアで住宅を購入したいと考えたとき、どのくらいの価格相場になっているのかを調べておかないと、住宅ローン審査が通らないなどの事態を招いてしまうこともゼロではありません。

住宅ローンは頭金では購入できない部分を補うものです。頭金が2,000万円あり、5,000万円のマイホームを購入するときにはローンを3,000万円組めば良いと考える人も多いかと思いますが、このローンは諸経費などに使うことができないため、予め登記費用やローンの事務手数料、印紙代などの費用を用意しておく必要があります。

また、ローンは年収の6~7倍を上限にしておくのが推奨されており、年収600万円の場合は3,600万円~4,200万円が上限になります。仮に、横浜 不動産の相場が6,000万円のときには、頭金をどのくらい用意しておくべきかを知ることができますし、返済借入額が少ない方が楽になるわけですから、相場の把握はとても重要な部分といえるでしょう。

さらに、購入資金は全額投入するのではなく、引っ越し費用やローンの事務手数料などの諸費用を計算、どのくらいの費用が必要になるのかも併せて調べておくと安心です。住宅購入に必要な資金には何があるのか、これを知らずにマイホーム探しをしてしまうとせっかく見つけたマイホームの購入チャンスを逃すこともあるため注意が必要です。

マイホーム購入に必要はお金とは?

最近は、自己資金ゼロでも購入ができるなどの広告を目にする機会が増えていますが、この場合の自己資金は販売価格に対するもので引っ越し費用やローンの手数料、不動産登記にかかる諸費用などは含まれていません。仮に、これらの費用が200万円必要となったときには、事前に自己資金として200万円の現金が必要になります。

中古物件を購入するときには、ローンの返済年数が短くなるため毎月の返済額のことをしっかり考えておかなければなりません。仮に、3,000万円の借入をしたとき、新築では35年ローンを組むことができても中古では最長25年などのように返済期間が短くなるわけですから毎月の支払い額の負担が大きくなりがちです。

マイホーム購入と同時に新しい家電品を買い揃えたり、カーテンやカーペットを新しいものにする、家具類も新築の家に合わせて選びたいなどのケースも多いといえますが、買い物に使うお金も事前に準備しておく、購入資金の一部として考えておけば念願のマイホームに合うインテリアなどを買い揃えることもできます。

購入前にかかるお金と購入後にかかるお金

販売価格が5,000万円の物件の場合、頭金が3,000万円あり、2,000万円のローンを組めば買うことができる、このようなイメージを持つ人も多いようですが、購入資金は頭金3,000万円では足りませんし、仮に2,000万円のローンを組むことができても、2,200万円のローンを組むことができなければ買うことはできないわけです。

購入資金は購入前にかかるお金と購入後にかかるお金の総額であり、これを知らずにいるとマイホームを買うチャンスを逃してしまう恐れがありますので注意しなければなりません。

購入前にかかるお金は頭金および住宅購入に必要な諸費用で、いずれも現金を用意しておかなければなりません。頭金は現金を用意することを知っている人は多いのですが、諸費用についてはローンから算出すれば良いなどのイメージを持つ人が多いようです。ローンの借入の際には事務手数料や印紙代などが必要になりますし、マイホームを登記する際には司法書士に依頼をすることが多く、司法書士への報酬も現金で用意しておく必要があります。

購入後には引越しをすることになるわけですから、引越し代も現金で用意しておくなど、一口に住宅の購入資金といっても色々な費用がかかることを覚えておくことをおすすめします。ちなみに、購入資金の目安としては新築マンションでは物件価格の3~5%程度、中古マンションや新築・中古一戸建てでは物件価格の6~13%を目安にすると良いでしょう。

 

マイホームを手に入れるためには高額な資金が必要、その多くは頭金をイメージされる人も多いのではないでしょうか。住宅購入資金は頭金以外にも色々な諸費用が必要で、その目安は物件価格の1割前後、どのような家を買うのかで変わって来ます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
【エリア別】横浜でおすすめの不動産会社3選